がん罹患のリスク検査を始めました!

北福島医療センター予防健診センターでは、本年4月より、アミノ酸濃度でがんのリスクを検査する「アミノインデックスがんリスクスクリーニング(AICS)」検査を導入しました。
人の身体を構成するたんぱく質は何種類ものアミノ酸で作られ、健康な人は血液中のアミノ酸濃度が一定に保たれるようにコントロールされていますが、 がん患者では各種アミノ酸濃度のバランスが変化することが報告されています。
AICSは、血液中のアミノ酸を測定し、アミノ酸濃度のバランスの違いを統計的に解析することで、がんのリスクを予測する検査です。
検査方法は、「採血」のみ。詳しくは、コチラから・・・


[もどる]