平成24年度入所式が行われました

平成24年4月2日(月)平成24年度入所式を行い、新入職員35名が辞令を受けました。本年度は看護師15人、保健師1人、理学療法士7名、作業療法士4名、言語聴覚士1名、診療放射線技師2名、薬剤師1名、相談員2名、保育士1名、事務1名が入職となりました。
佐藤理事長は「泣いたり笑ったり一緒に汗を流しましょう」と言葉を掛け、最後に新入職員を代表して看護師の長澤絵里香さんが「1日も早く地域の医療福祉の向上に貢献できるよう頑張ります」と誓いの言葉を述べました。
式では、JMFハンドベルリンガーズが震災後初の演奏を披露し、仁泉会のテーマ曲他2曲を演奏。入所式に花を添えました。
その後、3日間にわたり、自己表現とコミュニケーションをテーマにオリエンテーションが行われ、5日から各部署に配属となり、それぞれの現場で研修に取り組んでおります。

新入職員を代表して長澤絵里香さんが「誓いの言葉」