入院から退院までの流れ

1)入院当日
当院到着後、地域連携室スタッフが病棟までご案内致します。
入院時オリエンテーション
看護師より病棟生活についての説明があります。患者様、ご家族様へ、これまでの生活状況など問診をとらせていただきます。
日常生活動作(ADL)の確認
担当スタッフが患者様のベッドへ伺い、病状の把握と日常生活動作の確認など話し合いを行ないます。
リハビリテーションスタート
入院時ADL確認後、リハビリスタッフが、リハビリテーションをスタートします。
また、病棟スタッフが入院生活の中の「起床から就寝まで」リハビリテーションの視点を持ち関わっていきます。

2)リハビリテーションカンファランス(評価会議)

入院から約1週間後、医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、相談員が一緒になり、患者様の運動・生活機能の確認、これからのリハビリテーションについてプログラムをご提示します。患者様、ご家族も一緒に話し合い、患者様ひとりひとりに合ったプログラムを立てていきます。
また、リハビリの状況に応じて1ヶ月おきに定期カンファランスを行い、リハビリの進捗状況と今後の目標をご提示します。

3)退院前自宅訪問(家屋調査)退院時期に合わせ、リハビリスタッフ、相談員、ケアマネージャー等がご自宅を訪問し家屋調査を実施します。ご自宅の段差の対策、手すりの設置などを検討し、体の状況に合わせた生活環境を調整します。自宅改修のアドバイスをさせて頂きます。

4)外出・外泊訓練実際にご自宅に外出・外泊し、退院に向け自宅環境に慣れていきましょう。患者様に介助が必要となる場合は、事前にリハビリスタッフ、看護師がご家族に介助方法を指導、練習を行い不安、疑問の解消に努めていきます。

5)栄養指導、服薬指導退院に向け、管理栄養士、薬剤師が患者様、ご家族に栄養管理、服薬管理について指導を行います。

6)退院