あゆみ病棟とは?

ayumiPolicy2

『回復期リハビリテーション病棟』とは

回復期リハビリテーション病棟は、脳血管疾患または大腿骨頸部骨折などの病気で急性期を脱しても、まだ医学的・社会的衣・心理的なサポートが必要な患者さんに対して、多くの専門職種がチームを組んで集中的なリハビリテーションを実施し、心身ともに回復した状態で自宅や社会へ戻って頂くことを目的とした病棟です。
〈この病棟では、病名tお病気・ケガを発症してから入院するまでの期間が決められています。たとえば、脳梗塞や脳出血などの脳卒中、大腿骨頸部(太ももの付け根部分の)骨折、脊髄損傷、頭部外傷、肺炎や外科手術の治療時の安静による廃用症候群などでは発症または手術後「2ヶ月」、股関節、膝関節の神経や筋、靭帯損傷後は「1ヶ月」などです(下表)。〉
これらの患者さんに対し、チームの各担当スタッフが入院後すぐ、寝たきりにならないよう、起きる、食べる、歩く、トイレへ行く、お風呂に入るなど(これらを「日常生活動作」(ADL)といいます)への積極的な働きかけで改善を図り、家庭復帰を支援していきます。

スタッフ紹介

こちらをご覧ください

入院が対象となる主な疾患名


クリックで拡大

当院での取り組み


1. スムーズな入院をすすめるために急性期病院と密な連携を取っております。地域連携パスを使用することで診療情報の共有、治療の継続性を持ち、患者様に対応することが可能となっております。
2. 365日、日曜日も祝日もリハビリを行っています。集中的、積極的なリハビリを継続することで入院日数を短くし、そのことで入院費用も押えることができます。1日最大で3時間のリハビリを行っています。
3. 生活期を送るには単なる機能向上のみでは不十分で、一人ひとりの個性とライフスタイルを考慮し新たな能力や活動方法を模索し提案するため、病棟スタッフは専門的な視点から下記内容について精力的に取り組んでおります。
身体機能・日常生活機能を専門的に評価しています。
身体機能に応じた住宅改修をご提案いたします。
心身機能の変化に対する対応方法を家族指導いたします。
社会参加を応援します。
地域医療/福祉スタッフへの架け橋を担います。