公益財団法人 仁泉会トップページ

公益財団法人 仁泉会

福島県伊達市保原町字竹内町58

TEL 024-505-6010 FAX 024-575-3602

仁泉会グループ 医師求人情報

古くからの歴史・文化をもった福島「伊達」の地。
私たちはこの地に「医療」「福祉(施設・住宅)」それぞれの立場から独自の機能を十分に果たし、地域との連携を図りながら『仁泉会グループ』としてひとつになりました。

仁泉会グループ概要

仁泉会の医療機器を動画で紹介

仁泉会からのおしらせ

福島の医師求人に関するお問い合わせ
☎ 024-505-6010(代)
FAX 024-505-6012
公益財団法人仁泉会 総務部
メール jgad@cosmos.ocn.ne.jp

仁泉会の医療機器を動画で紹介

MRI
■症例1 膵癌疑い(膵頭部)
ルーチンで撮像しているMRCP(SE法T2強調)において膵管の拡張と総胆管の狭窄が確認できた。
この撮像法はT2強調が非常に強く、胆道系以外の組織の評価が困難であったため、B-TFE(SSFP)法によるMRCPを追加した。
この撮像法を追加することで、総胆管周囲の情報、血管との位置関係の把握に有用であった。
また、DWI(拡散強調画像)とのimage fusionでは、拡散低下を示す部位とMRCPのMPRを重ね合わせることで 腫瘍部位と総胆管狭窄部位の位置関係の把握が容易となった。

■症例2 microbleedsの多発(慢性高血圧、脳アミロイド血管症、海綿状血管腫)
めまいを主訴にMRI検査施行しルーチン検査であるT1w,T2w,FLAIR,MRA(TOF)を撮像した。
T2wにおいて、低信号部位が存在したため、T2*を追加したところ、多発する低信号を確認できた。
一部大きな低信号部位もあり、血管病変等の評価を目的にSWI(磁化率強調画像)、MRA(PC法)をさらに追加をした。

MDCT
■冠動脈造影CT
歩行時の胸部不快感を主訴に検査依頼
右冠動脈近位部に挿入されたステントの遠位端にプラーク形成あり。(狭搾率90%)

■大腸CT検査(CT Colonography)
大腸管腔内に二酸化炭素を送気し大腸を膨らませてCTを撮影するCT Colonography。
CTのボリュームデータから様々な画像の作成が容易に行えます。専用のワークステーションでは大腸のみのAir imageはもちろん、仮想展開像、仮想内視鏡像が得られます。また、CT造影による血管撮影を同時に行えば周囲血管(栄養血管)の描出も可能です。従来同様、CTによる病変部と周囲臓器、血管の把握を行うとともに、CT Colonographyを活用した術前シミュレーションが行われています。