公益財団法人 仁泉会トップページ

公益財団法人 仁泉会

福島県伊達市保原町字竹内町58

TEL 024-505-6010 FAX 024-575-3602

仁泉会グループ 医師求人情報

古くからの歴史・文化をもった福島「伊達」の地。
私たちはこの地に「医療」「福祉(施設・住宅)」それぞれの立場から独自の機能を十分に果たし、地域との連携を図りながら『仁泉会グループ』としてひとつになりました。

仁泉会グループ概要

仁泉会の医療機器を動画で紹介

福島の医師求人に関するお問い合わせ
☎ 024-505-6010(代)
FAX 024-505-6012
公益財団法人仁泉会 総務部
メール jgad@cosmos.ocn.ne.jp

売り時、買い時

 東京オペグループ【以下、TOG(全国産婦人科医の会)】創立者、杉山四郎先生は、第二次大戦の真っ只中に医師となられ、軍医として召集された。
 終戦後に無事帰還された時の涙の再会は、亡くなられた奥様から良くお聞きしたものである。
 前会長は敗戦後の混乱期の中で医局生活を送られ、開業のタイミングはかなりお若いうちに始められたように思う。そして恩師真柄先生を招いて、働きながらのお勉強であったといわれる。つまり、良く働き、良く学ぶが同時進行した。そして、講和条約の前に、杉山先生は恩師真柄先生を先頭に、ヨーロッパの腟式全摘をたっぷりと見て回ったのである。動乱の時代の混沌の中で、なすべき事をピシリと見定めて、即行動に移した先生に驚嘆する。
 潮目と流れを読み切り、決断のタイミングを外さなかった。
正にTOGの種は、この時に蒔かれたのである。
 
 さて、私は本年85才となり、役を退いて相談役となった。医師探しの役割りを東奔西走しているが、なかなかお話は纏まらない。何しろ風評被害で、日本で一番医師の不足している県になってしまったのである。
やっと何人かの方々とお逢いしてお話をする。
ここで私が驚くのは、医師には人生のスケジュールがキチンと理解出来ていない人が多い事である。
今の私には、60才でも65才でも有難いお医者様だが、御着任頂く先生の立場に立って考えると、「何と割損な生き方をなさるのか?」と思ってしまうのである。
今回のノーベル賞だって、すべてお若いうちの業績である。30才40才の頃の汗の結晶が「賞」として結果を出したのだ。
◎学者として、一生をかけて医学を深く追い求める。
◎きっと、教授となって、学問の世界で名を残したい。
◎病める人の為に一生を捧げたい。
いずれにせよ、ハッキリとした目標をもって悔いなしとする生き方は立派だ。

 しかし、多くの医師は漫然と臨床家として学びつつ働き、一生を終る・・・・・。
開業する医師には酷しい現実があるから漫然と過ごす等と言う訳にはいかない。
私も若くして開業したが、後悔はない。これは杉山四郎先生と、TOGの仲間のお蔭だ。本当に幸せだったと思う。
老いて来ると、若い人の体力には光り輝くものを感じる。若い力に溢れた時に、しっかり働き、実績を残す。若い後輩を育てて仲間を増やす。この事が自分が老いて来た時の坐る場を作るのである。
 現代は長生きをするので、老いて尚まだ余力のある中途半端な人生の部分が余ってしまう。この時、居心地のいい椅子は実績と人間関係によってもたらされる。
 私は、第一の潮目は40才前後。
    第二の売り時、買い時は50才が限度。 と思う。
旬の時は短いのである。
 "56才、疲れ切って「燃え尽き症候群」となり、何が何でも休みたいと思う。年収1600万!! ご当人は、収入はいくらでもいい。楽になりたい。"
 こんな先生に逢うと、本当に真面目で立派な医師だと思うが、反面唖然となる気分もする。
 何故、自分のもっとも輝ける時と場をしっかりと決断しないのか。
 出生から老いるまでの一生の間に、誰にでも旬の時はあるのだ。

10年で億の単位で収入が変わるのである。10年、20年では・・・・・・、いや、現在はもう安楽な老後までを計算すべき時代なのだ。
更に、後継者たる若い子供達も、早く帰る決断は決して間違っていない。
学ぶことは、いつまでも限りなく続くのだから。

相談役(前理事長) 佐藤 喜一

お知らせの一覧へ