プラセンタ療法

 

プラセンタとは?

プラセンタとは胎盤のことを言います。その役割は母体の体内で胎児と母子をつなぎ、胎児を育てることにあり、受精卵をわずか10ヶ月ほどの短い期間に約3kgの重さもある赤ちゃんへと成長させます。
もともと女性の体内に備わっているものではなく、受精卵が子宮内壁に着床することで初めてつくられ、役目を終えると出産とともに母体外に排出される短期間な臓器です。
プラセンタには生命を誕生させる為に必要な、栄養素(アミノ酸、コラーゲン、ヒアルロン酸、グロースファクターなど)が豊富に含まれています。
このエキスを注射すると、全身の細胞が活性化され、細胞レベルからの若返りが期待できます。
もともと、プラセンタは肝炎など、病気の治療に使われていましたが、最近、美肌や美容、若返り(シミ シワ たるみ 美白等細胞の活性化・血行促進)眼精疲労、肉体疲労等の疲労回復、更年期障害に効果があると注目されるようになりました。

こんな方にお勧めです

  • 老化を予防したい(アンチエイジング)
  • 腰痛、肩こり、筋肉痛、疲労倦怠改善
  • 更年期障害(のぼせ、ホットフラッシュ、イライラなど)
  • アレルギー疾患(アトピー性皮膚炎、花粉症など)
  • 冷え性
  • シミ、シワ、くすみ、乾燥肌、肌荒れがひどい
  • 生理痛、生理不順
  • 精力増強、自律神経失調症
  • その他

プラセンタの美肌作用

  • 美白:シミの元であるメラニン色素の生成を抑えるとともに、シミ、くすみを取ります
  • 保湿:高い保湿力で、長時間しっとりとした肌を維持します
  • 細胞の増殖再生:ダメージを受けた細胞を修復し、新陳代謝を高め、ターンオーバーを正常化し、健康な肌を作ります
  • コラーゲンの生成促進:肌の弾力を決めるコラーゲン生成を支えます
  • 抗酸化作用:老化の原因となる活性酸素の発生を抑え、中和します
  • 抗炎症作用:ニキビや赤み、かゆみなどの炎症を抑えます
  • 免疫活性作用:免疫力を高め、強く健康な肌を作ります
  • アミノ酸の補給:皮膚細胞のエネルギー代謝を高め、細胞再生の材料を補給します

プラセンタの成分

タンパク質、脂質、糖質、ミネラル、ビタミン、アミノ酸、様々な酵素、様々な細胞増殖因子やサイトカイン など
【ミニ知識】
赤ちゃん誕生とともにプラセンタは、役目を終えて体外へと排出されます。しかしこの時点でも、豊富な栄養と各種有効成分を多く含んでいます。動物のお母さんが、出産後プラセンタを食べて体力を回復させているのがその証拠ともいえるでしょう。

費用について

*保険対応は、「慢性肝疾患における肝機能の改善」のみで、他の疾患に関しては自由診療になります。
注射代金:1回 900円(税込み)
初回はカウンセリング料として、別途1,000円が必要です
注射は回数が多いほど有効です。
人により異なりますが、週に2~3度のペースで2週間した後も週1~2回に割合で3ヶ月続けた方が良いでしょう。

その他

当院で使用しているプラセンタ注射は日本の病院において、正常分娩で生まれたヒトの胎盤により作られています。
1959年ラエンネック(肝硬変)が健康保険対応となり、今日まで使用されております。この間、重大な副作用(感染症、ショックなど)は一例も報告されていません。
基本的にはプラセンタ療法には副作用はありませんが、微妙な副作用としては
●注射部位の発赤 疼痛
●注射部位のだるさ
●全身倦怠感
●プラセンタの抽出物質には、自律神経や中枢神経の緊張やストレスを緩める作用があるので、特に緊張やストレスの強い仕事を持たれる方には眠気が生じるケースがあります。
B型肝炎、C型肝炎、エイズについては陰性のヒト胎盤を使用しておりますが、他の未知の感染症(現在の医学で判明していない細菌、ウィルス等)の危険性は完全には排除することができません。また、使用に際し、お名前と使用年月日を20年間保管させていただきます。

お問い合わせ先

お気軽にご相談ください。
電話 024-575-3231
保原中央クリニック