在宅診療部

在宅診療イメージ「在宅診療部」は、住み慣れたご自宅で安心して療養生活を送れるように患者さんとそのご家族を支えていきます。 複数の医師で少しでも多くの在宅患者さんに関われるよう、また在宅でも患者さんにとっても良いケアができるような体制を作っていきます。

在宅診療部の特徴

  • ◎訪問診療:定期的にご自宅に伺い、診察・投薬・処方を行います。
  • ◎緊急往診:状態の急変時など、ご自宅へ伺います。
  • ◎24時間・365日電話対応:担当往診医に直接相談することが可能です。
  • ◎訪問看護師・ケアマネージャー・病院などと連携していきます。

ご相談ください

  • ◆通院が困難な方
  • ◆癌を患っているが苦痛を緩和しながら自宅で療養したい方
  • ◆医療的ケア(点滴や経管栄養、床ずれ処置など)が必要だが、病状が安定し自宅で療養したい方
  • ◆病院主治医から在宅療養を勧められている方
  • ・・・その他、何でもご相談下さい。
 現在、(急性期)病院は、「病気を治療する」という役割をはたさなければならず、また入院ベット待ちの患者さんも数多く存在し、病院でゆっくり療養することが困難になってきています。 しかし、病状が安定し、ご自宅での療養の希望があれば、在宅でも病院以上のケアを提供することができます(在宅でも酸素投与・人工呼吸器・点滴などは可能です)。 また高齢化社会となり、必ずしも完治できる病気ばかりではなくなってきました。そのような患者さんでも「病気を治療する」のではなく、苦痛を和らげながら、「病気を持った自分とうまく付き合いながら生活していく」ということは可能です。住み慣れた環境・ご家族が近くにいるということ自体が患者さんにとって最も大事なケアになると考えます。 当院は、強化型在宅療養支援診療所として、おの整形外科クリニック(伊達市梁川町)、桑名医院(伊達市)、大山クリニック(伊達市)と連携をとり、在宅患者さんの診療に当たっております。

在宅医療について、不安なこと・わからないことがございましたら、お気軽にご相談下さい。
保原中央クリニック 代表 024-575-3231