ほばら・あぶくま訪問看護ステーション

当訪問看護ステーションは、
ヘルパーステーション・居宅介護支援事業所
を併設しております。
 

<訪問看護とは?>

病気や障害を持った方が住み慣れた地域やご家庭で、「その人らしく」療養生活を送れるように、看護師等が生活の場へ訪問し、看護ケアを提供し、自立への援助を促し、療養生活を支援するお手伝いを行います。心を込めて、明るく元気にご提供させていただきます。

Q:訪問看護ステーションのサービス内容は何ですか?
Q:訪問看護を利用できるのはどんな人ですか?
Q:訪問看護を利用するにはどうしたらいいですか?
Q:訪問看護を利用する費用はどのくらいですか?
Q:訪問看護には誰が来てくれるのですか?

Q:訪問看護ステーションのサービス内容は何ですか?

A:
当ステーションから専門の看護師等が利用者様のご家庭を訪問し、病状や療養生活を看護の分野から適切な判断に基づいたケアとアドバイスで24時間365日対応しております。また、かかりつけ医や関係機関と連携をとり、さまざまな在宅ケアサービスの利用の仕方を提案いたします。

●主なサービス


健康状態の観察(血圧・体温・呼吸・脈拍の測定他)
日常生活の援助(清拭・床ずれの防止他)
医療器具装着の方にかかりつけ医の指示に基づく援助(カテーテル類の処置・管理)
床ずれおよび傷の処置
介護に関する相談
在宅での看取りの援助
基本動作訓練(座る・立つ・歩く等)
日常生活動作訓練(トイレ・着替え等)
手工芸(折り紙手芸・ネット手芸他)
遊ビリテ-ション(指体操・楽器の演奏他)

Q:訪問看護を利用できるのはどんな人ですか?

A:
訪問看護のサービスは、病気や障害のある方で、療養をしながらご家庭で生活されている方。ご本人だけでなく、支えているご家族もサポートします。
訪問看護を必要とする全ての方を対象としております。介護保険で、要支援・要介護に認定された方ももちろん対象です。

Q:訪問看護を利用するにはどうしたらいいですか?

A:
訪問看護は医療保険、介護保険のどちらでサービスを受ける場合もかかりつけ医の指示書が必要です。

医療保険の場合
・当訪問看護ステーションにご相談下さい。
当ステーションからかかりつけ医と連絡を取り、指示を受け、訪問看護サービスを提供いたします。
・かかりつけ医にご相談下さい。
適切な訪問看護ステーション、もしくは病院等の訪問看護機関に指示が出て、訪問看護サービスを提供いたします。

介護保険の場合(市町村役場で、要支援・要介護認定を受けることが前提です)
・ケアマネジャーにご相談下さい。
介護保険の「要介護認定」を受け、要支援・要介護に認定された場合は、ケアマネジャーにサービス計画を立ててもらいます。そのサービスの中にはもちろん「訪問看護」も含まれます。その際、ケアマネジャーに訪問看護の要望をお伝え下さい。当ステーションにもケアマネジャーが在籍しておりますので、ご利用下さい。

Q:訪問看護を利用する費用はどのくらいですか?

A:利用する保険の種類やサービスの内容で、料金は異なります。詳しくは、訪問看護ステーションにご相談下さい。

利用できる保険
・実際に支払う料金の割合
介護保険で利用する場合 ・月利用金額の1割を負担
(月の支給限度額を超えた分は自己負担)
後期高齢者医療制度加入者 ・75歳以上の方は月利用金額の1割を負担
一定以上の所得の方は3割を負担
健康保険・国民健康保険で利用する場合 ・70歳以上の方は原則として月利用金額の1割を負担
・70歳未満の方は原則として月利用金額の3割を負担

Q:訪問看護には誰が来てくれるのですか?

A:当訪問看護ステーションからは、看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のスタッフが訪問することができます。

ほばら訪問看護ステーション
ほばらヘルパーステーション
〒960-0665 福島県伊達市保原町字岡代10-1
  TEL : 024-575-2826
  FAX : 024-575-2830
ほばら訪看指定居宅介護支援事業所 〒960-0665 福島県伊達市保原町字岡代10-1
  TEL : 024-575-0707
  FAX : 024-575-0606
あぶくま訪問看護ステーション
あぶくまヘルパーステーション
あぶくま訪看指定居宅介護支援事業所
〒960-0419 福島県伊達市広前6-1
  TEL : 024-583-5100
  FAX : 024-583-5101