担当するスタッフとその役割

放射線治療センターのスタッフ

常勤放射線腫瘍医1名
非常勤放射線腫瘍医2名
常勤医師1名
医学物理士1名
放射線治療品質管理士1名
放射線治療専門技師1名
専任の看護師1名
が在籍しています。

放射線腫瘍医:患者さんとの診察・情報提供をもとに、がんの状態、病状を把握し、放射線の量や照射場所、期間等の計画を立案するほか、その効果や副作用を判断します。


医学物理士:医師から指示された処方をもとに、患者さんのがんの特性や形状、状態に合わせた照射方法の計画を立案するほか、計画通りの照射ができるかどうかの確認業務や機器精度管理業務の立案・確認をおこなっています。


放射線治療専任技師:二人でペアを組み、日常の照射業務を中心に毎日の正確な照射に細心の注意を払い業務を行っております。また、機器の精度管理業務も行っています。


放射線治療専任の看護師:個々の患者さまの疑問点や不安にお答えするために、放射線治療中の生活指導・副作用への対応・精神的ケアを行います。



放射線治療の現場では、患者数の増加と治療の複雑化に伴って業務量が膨大になってきたため、従来以上に役割分担の必要性が高まっております。また、当施設では安全で的確な治療を行うために、スタッフ間の情報の共有化が最も重要であり、治療スタッフ間・治療病棟とのミーティングなども密に行っております。