放射線治療が適応するがん

放射線治療は、ほとんど全ての“がん”に使用されます。“がん”には上皮性の悪性腫瘍である癌腫(肺がん・乳がん・胃がんなど)、非上皮性の悪性腫瘍である肉腫(骨肉腫・横紋筋肉腫・脂肪肉腫など)、また造血器にできるもの(白血病・リンパ腫・骨髄腫など)、があり、そのいずれにも使用されます。また頻度は少ないのですが、“がん”ではない良性疾患(血管腫、バセドウ病、ケロイドなど)にも使用されることもあります。

放射線治療をその目的で分類すると、根治的照射、予防的照射、術前・術後照射、緩和的照射に大きく分類されます。根治的照射とは根治(完全な治癒)を目的とした放射線治療で、主に遠隔転移のないがんが対象となります。前立腺がん、頭頸部がん(咽頭がん・喉頭がんなど)、肺がん、子宮がん、食道がん、脳腫瘍、リンパ腫など数多くの“がん”で根治的照射が行なわれます。最近では抗がん剤を併用する根治的照射が増えています。予防的照射とは手術や抗がん剤で治療して“がん” が消失した後の再発予防を目的とした放射線照射です。最近では多くの“がん”で集学的治療(手術、放射線治療、抗がん剤などを組み合わせる)が行われるので、手術をしやすくするための術前照射や、術後の再発を予防する術後照射なども増えています。乳がんでは主として術後の再発予防に放射線治療が行われます。

緩和的照射とは、進行がんや転移がんで、“がん”が根治(完全制御)できないと判断された後に、“がん”によって起こる様々な症状を緩和する目的で行う放射線照射です。転移がんによる症状の緩和に使用されることが多く、骨転移による疼痛、脳転移による頭痛・嘔気・麻痺などの症状、あるいは肺転移、肝転移、リンパ節転移などによる症状緩和に対して行われます。また原発巣の“がん”の浸潤や正常組織の圧迫などによる症状(疼痛、嚥下困難、血流障害、神経障害など)の緩和にも適応されます。

上記のように放射線治療はあらゆる面において適応されてはいますが、患者様の病状、状態、治療する部位(動きの大きい場合など)により治療装置によっては能力を充分に発揮できない場合もあります。先ずは適正な情報のもとで当施設の専門医や認定医の診察を受けることが必要です。