放射線治療の目的

病巣部(がん)に放射線を照射し、がん細胞を死滅させ、腫瘍を消失・縮小させる事を目的とする治療です。手術と同様に局所療法かつ根治療法を期待できる治療です、手術と異なる点としては、病巣部の形態や機能を温存できる点があげられます。 また、がんに限局した治療として用いられるだけではなく、がんの再発に対しても有効な治療となる場合もあります。 さらに、病気をしっかりと治す目的の根治治療だけではなく、症状の改善を狙う緩和目的の治療まで幅広い役割を担っています。