副作用の問題

原則的に放射線が照射される部位は腫瘍本体や転移した病巣、また、再発や残存が予想される部位に照射します。ただ病巣の周囲には必ず正常な組織も含まれますので、それらも影響を受け放射線による副作用が起こる事があります。しかし、一般的な副作用の症状は放射線治療後に自然に落ち着いてきます。放射線治療の副作用について大切な点は放射線治療の副作用・後遺症で誤解してはいけないことです。 特に重要な事として、これらの副作用は決して全員に見られるわけではないということです。照射部位や照射範囲、線量に依存し、多少の個人差も存在します。基本的に照射していない部位には症状は見られません。抗がん剤治療の副作用とは大きく異なります。 当院では、放射線治療に関する専門医である放射線腫瘍医も在籍しています。放射線治療を始める前だけでなく、照射中・開始後に副作用 が見られた時には、放射線腫瘍医に相談し的確なアドバイス・処方を受けるのが一番良いと思います。 近年、外来通院で放射線治療に通う方が多く見受けられます。副作用 が出たからといって、通院と放射線治療を自己判断で中断しないということもとても大切な事です。