宗教上の理由等で輸血を拒否される患者様へ

北福島医療センターでは、患者様が、宗教上の理由などにより輸血拒否の意思を表明される場合、その意思を尊重して無輸血治療のための努力は致しますが、治療に携わる医師が、輸血を行う以外に救命の方法がないと判断した場合、当院の基本方針に基づき、原則として輸血を実施致します。

【基本方針】

1.いかなる場合であっても、原則として「輸血以外に救命手段が無い場合」は輸血を行う。(絶対的無輸血の拒否)

2.「宗教的輸血拒否」患者の輸血拒否は個人の権利としてあくまで尊重し、輸血以外の治療手段の提供に努力する。(相対的無輸血の了承)

3.患者の選択がどうであれ、インフォームド・コンセントを手順として重視する。説明にあたっては「絶対的無輸血の拒否」の立場を明確に提示する。

4.以上の立場から、患者本人の家族から提出された「輸血謝絶兼免責証明書」は受け取らない。また、輸血の実施に当たっては、通常通り「輸血に関する説明書」に基づいて説明し、患者本人あるいは家族から可能な限り「輸血同意書」への署名を求める。患者・家族との話し合いや診療状況の記録は、全て診療録に記載する。

5.当院で「宗教的輸血拒否」患者の診療を行う場合、担当医師は院長および医療安全管理室長に報告し、相談の上対処する。