行事食

2018年4月9日
「花見お膳」を患者様にお届けしました。桜の開花に合わせ、スタッフが張り切って春の食材満載の内容食事をご準備しました。筍ご飯・アスパラガス、若筍、タラの芽のかき揚げの盛り合わせ・春キャベツとえびの和え物・2色羊羹の桜添えです。しかし、なんと今年は桜の開花が早く、巷の桜は葉桜となっていました…

2018年3月3日
桃の節句に「ひな祭りお膳」をお届けしました。いくら寿司・吸い物・ぷるぷる茶碗蒸し・雪菜のわさび和え・桜餅と超豪華!?献立で、皆様が笑顔で完食されていました。
さぁ~唄いましょう。「灯りをつけましょうぼんぼりにぃ~」プチひな祭り会の開催です。

2018年2月3日
「鬼は外~福はうちぃ~の節分お膳」提供。恵方巻を日清医療食品最強調理師ペアが担当。気合を入れて巻き上げました。入院中の患者様にたくさん「福」が訪れますように。

2018年1月8日
成人を迎える皆様をお祝いし、お赤飯をお届けしました。日頃おかゆを召し上がっている患者様の中でも、強いご要望でお赤飯を召し上がった方がいらっしゃいました。「いや~よく噛んだこと、噛んだこと!」おいしかったと満面の笑顔。

2017年12月25日
豪華!!クリスマスディナー。ちなみに今年のクリスマスカードは、イラスト作成から管理栄養士の手作りでした。

2017年11月7日(火)昼食時
「ぽっかぽっか卵雑炊膳」をお届けしました。卵と蟹がたっぷりと入った、とろ~りとろとろの雑炊は患者様に大好評!!身体の芯から温まり、風邪のウィルスを吹き飛ばしました?!

2017年10月25日
大盛りのすいとん汁にきのこご飯、柿と秋の味覚満載のお膳をお届けしました。「昔はよっぱら、すいとんを食ったんだ。いや~懐かしいナイ」と声をかけて頂きました。心も身も温まった昼食となりました。

(秋のすいとん祭り)

2017年9月18日
敬老の日に、入院患者様ご長寿を願い「ことぶき膳」をお届けしました。通常はお粥を召し上がっている患者様も、「是非赤飯を食べてみる!!」と数多くの立候補?があがり、ほっくほっくの赤飯を召し上がりました。いや~生き返ったと歯が無い患者様が笑顔で召し上がった昼食となりました。
2017年8月23日
ひんやりとした冷たい肉みそたっぷりの冷やしうどんをお届けしました。こしのある、喉越しの良いうどんは食欲がない患者様の食べる意欲を大いにかき立て、完食された方が多いメニューとなりました。

(スタミナ冷やしうどん)

2017年7月7日
「七夕膳」を患者様にお届けしました。そうめんを天の川に見立て、ゴージャス?な具材で彩り、見た目・栄養価ばっちりの一品に仕上がりました。コーンの変わり焼き・くずまんじゅう・メロンを添え、通常の給食ではお出しできない超レアお膳。蒸し暑い日でしたが、スルスルとのど越しが良いそうめんと、甘い水菓子の組み合わせは食欲を刺激し、皆様に大好評の昼食でした。

(冷やし中華)

2017年6月21日昼食
北福ラーメン店開店!!「塩ラーメン」を提供しました。「まさか病院でラーメンを食べれると思っていなかった」「うん~うまい」と患者様からの声が上がり、栄養科スタッフのテンションもマックス!笑顔で無事閉店。

(北福ラーメン店)

2017年5月5日
端午の節句の「端」“はじまり”を「午」は干支の“うま”をさします。午(ご)と五(ご)の音が同じことから5月5日が端午の節句に定められ今日では男の子の節句となっています。端午の節句と言えば、やはり柏餅ですが、柏の葉は、冬になっても落葉せず、新芽が吹くと落葉することから、子孫繁栄を願い柏餅を食べるという風習ができたそうです。ちなみに御膳についている兜はすべて管理栄養士の手作りです♪

(端午の節句膳) 

2017年4月25日
4月を迎え穏やかな気候が続いておりますが、朝・夕の冷え込みはちょっぴり厳しい毎日です。そこで4月25日夕食時、身体を温めていただこうと思い「大盛りすいとん膳」を患者様にお届けしました。醤油ベースに鶏肉でだしを取った汁はコクがあり、だんごや野菜たっぷりのヘルシメニューとなりました。

(すいとん膳)

2017年3月3日
もうすぐ花々が咲き始める季節です。一足先に春の香り盛りだくさんの食事を3月3日の昼食時に患者様へお届けしました。重ねちらし・すまし汁・スナップエンドウやふきが入った春の炊き合わせ・菜の花の辛し和え・桜餅など目や舌で楽しんでいただける給食となりました。

(ひな祭りお膳)

2017年2月14日昼食時
入院中の男性の皆様に想いを込め「バレンタインランチ」をお届けしました。
ナポリタンとハートコロッケの組み合わせ、チョコレートムースをデザートにちょっぴりハイカラなバレンタインメニューをお届けしました。
たまには栄養バランスの枠から外れて、息を抜いて楽しめる食事は大切ですね。
(ナポリタンとハートコロッケ)
2017年1月3日 正月の給食は大盛り上がり!!
おせち料理・三日とろろ・七草粥・成人式の「お祝い膳」と一月は行事が目白押し。
入院されている患者様にも新春の息吹を感じて頂けるよう、まかないチームは張り切りました。

(三日とろろ)

2016年12月25日昼食時
「クリスマス・ランチ」を患者様にお届けしました。メニューはロールパン・ビーフシチュー・ハニーマスタードサラダ・洋風茶碗蒸し・プチケーキです。自慢のビーフシチューは、ブロックの牛肉をブイヨンとトマトでじっくりと煮込みました。皆様に大好評で、栄養科一同サンタの装いで、配ぜんした甲斐がありました。皆様に心からメリークリスマス!!

(クリスマスランチ)

2016年11月9日(水)は、昼食時にほっかほっかの「栗ご飯お膳」を患者様にお届けしました。大粒の栗に患者様方はびっクリ!秋の味覚に舌鼓を打ちながら喜んで召し上がっていました。茶碗蒸しの卵黄や揚げ野菜のおろし添えの南瓜には風邪を予防する栄養がみっちり入っています。おいしく食べて風邪のウイルスを吹き飛ばせ~

(栗ご飯お膳)

2016年10月6日
患者様が入院中に召し上がりたいランキング第1位のにぎり寿司お膳をお届け致しました。プロの寿司職人が握るお寿司は、見事な出来栄え!ダシのきいた清まし汁と抜群の相性で、患者様が舌鼓を打ちながら召し上がっていました。

(お寿司お膳)

2016年9月19日敬老の日に「寿膳」を患者様へお届けいたしました。ふっくらと炊き上げたお赤飯は、皆様に大好評でした。「まさか病院でお赤飯を食べれるとは思っていなかった」「お祝いしてもらえて、たまげた」と患者様からの喜びの声が寄せられました。日本には古来から様々な記念日があります。一つひとつに深い意味があり、その伝統を受け継いで守っていくのも私たち栄養士の役目です。

(寿膳)

2016年8月30日
納涼膳を提供しました。
残暑厳しい毎日で、てんこ盛りのご飯やおかずは食べるきになれないとのご意見。そこで冷やし中華・冷奴・ブロッコリーのフレッシュサラダ・スイカと爽やかな組み合わせの食事をお届けしました。適度な酸味の冷やし中華のたれが、食欲を刺激したよとお褒めの声・・・完食された患者様方から「とにかくさっぱりした」「病院で食べれるとは思っていなかった」と喜びの言葉をたくさん頂戴しました。

(納涼膳)

2016年7月24日
土用の丑の日にうなぎ散らしを提供しました。スタミナを付けて患者様に猛暑を乗り切って頂きます。

(土用の丑の日)

2016年7月7日
七夕そうめんを提供しました。星に願いをかけました。患者様の体調が良くなり、一日も早く慣れたご自宅へ帰ることができますように!!

(七夕そうめん)

2016年6月28日昼食時
「高級?牛肉を」お届けしました。つゆだくの牛丼は大好評で、肉が苦手な患者様も今回ばかりは、召し上がった方もいました。苦手な食材も目先を変えれば美味しくなる!!かも・・・。

(スタミナ牛丼) 

2016年5月5日 昼食時
「こどもの日・御祝い膳」をお届けしました。新緑の季節をイメージしたグリーンピースご飯、花麩のすまし汁、銀鱈に照り照りのタレを付けて香ばしく焼き上げた照り焼き・蟹豆腐・香の物・大粒のイチゴ・柏餅を組み合わせました。
病院の窮屈な空間から、季節感を味わい少しでも、お気持ちが和らぐことができますようにと願いを込めました。

(こどもの日)

2016年3月3日
「雛お膳」をお届けしました。手毬寿司と茶巾いくら寿司に初チャレンジしました。はまぐりのお吸い物と旬の素材で調理した酢みそ和え、桜餅を組み合わせ超豪華?
なお膳に、患者様から喜びの歓声があがりました。笑顔・えがおのお雛祭りとなりました。

(雛お膳)

2016年2月14日 昼食時
入院中の男性の皆様に思いを込めて「バレンタインランチ」をお届けしました。
ナポリタンとハートコロッケを組み合わせ、チョコレームースをデザートに、ちょっぴりハイカラなバレンタインメニューをお届けしました。たまには、栄養バランスの枠から外れて、息を抜いて楽しめる食事は大切ですね。

(バレンタインランチ)

2016年1月11日 成人の日
「お祝い膳」をお届けしました。成人を迎える方が入院され、治療に専念されています。皆様と一緒に成人のお祝いをさせて頂きたいと思い、心を込めて赤飯を炊き上げました。

(成人の日)

2015年12月25日
入院患者様全員にメリークリスマス☆の気持ちを込めて、ハイカラな洋風の食事を提供致しました。高齢者の方々で、初めてリゾットやミートローフを口にした方もいましたが、喜んで召し上がって頂きました。「やわらかくて旨いない」、「たまげた味だない」とお褒めの言葉を頂戴し、スタッフ一同沢山の活力を頂きました。

 (クリスマスランチ)

2015年10月29日
「秋の味覚御膳」をお届けしました。お品書きふっくら栗ごはん・秋野菜の揚げ浸し卸し添え・茶碗蒸しの蟹あん・うさぎ林檎・香の物

栗をたっぷり入れてふっくらと炊き上げた栗ご飯を患者様たちは大きな口を開いて、嬉しそうに召し上がっていました。秋の食材をふんだんに使い、健康に良いヘルシーなお膳に患者様方からたくさんのお褒めの言葉を頂戴しました。

(秋味覚御膳)

2015年9月21日 敬老の日
「寿膳」を提供しました。
入院患者様のご長寿を祝い、寿膳を昼食時にお届けしました。お赤飯・手毬麩のおすまし・銀たらの照り焼き・ワラビの山椒和え・香の物・水菓子を心込めて調理しました。赤飯がふっくらと炊きあがり、患者様方が「これはうまい!!」、「食べたかった」と満面の笑顔で頬張っていました。空になった食器が、誇らしげに輝いていました。
 

(10月2日 敬老の日「寿膳」)

2015年7月24日(金)
土曜の丑の日にウナギ散らしを提供しました。スタミナを付けて患者様に、猛暑を乗り切っていただきます。
 

(土曜の丑の日)

2015年7月7日(火)
「七夕そうめん」を提供しました。
星に願いをかけました。患者様の体調が良くなり、1日も早く住み慣れたご自宅へ帰ることができますように!!

(七夕そうめん)

2015年6月24日(水)
「すいとん膳」を患者様にお届けしました。
高齢の患者様から、「戦争中を思い出す。自分達の小さい頃は芋や西瓜、野菜をいっぱい入れて食べていた」「いや~懐かしくて涙が出る」「昔の小麦粉は白くなった。これは滑らかで、上等なすいとんだ!!」等、昔話で花盛りの昼食となりました。食糧難の時代をたくましく生き抜いてこられた、多くの患者様のお話を聞かせて頂き、改めて現代の食生活の豊かさに感謝した貴重な一時となりました。
 

(すいとん膳)

2015年5月5日子供の日に“端午の節句お膳”を患者様にお届けしました。男子の健やかな成長を願い、お祝いのお膳を患者様に召し上がって頂きました。献立は、青豆ごはん・花麩のおすまし・銀たらの照り焼き・蟹豆腐の葛あん・香の物。そして柏餅です。そこで、「節句に何故柏餅を食べるのでしょうか?」答えは、「新芽が育つまでは、古い葉が落ちない柏の性質が、子孫繁栄(家系が絶えない繁栄)に通じる」とされているからです。「食後に甘いお菓子はたまらない」「季節感をうん~と感じました」など嬉しいお話がたくさん聞くことができた1日となりました。

(端午の節句お膳)