認定看護師の活動

 

当院では、専門看護師・認定看護師が医療・看護の質の向上のために専門的知識・技術を駆使し、活動しています。

認定看護師とは?

 特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を有して、水準の高い看護実践を行える看護師のことを言います。認定看護師は、実践・指導・相談の3つの役割を果たすことにより、看護現場におけるケアの広がりと質の向上に貢献します。

 

感染管理認定看護師

飯沼 範子(いいぬま のりこ

感染管理認定看護師の役割は、患者様、患者様のご家族、お見舞いに来られた方や現場で働くすべての人、地域の皆様を感染から守ることです。
院内で働く職員の誰もが、現場で感染対策の基本を正しく実施できるように、感染対策チーム(ICT)と協力をして活動をしています。多職種の方々と協力しながら、組織全体で感染対策に取り組み、患者様が安心して治療に専念できる安全な環境を提供することに繋げていきたいと思います。地域の方々と連携をしながら、地域全体で感染防止対策が図れるように貢献をしていきたいです。

がん化学療法看護認定看護師

田代 佳子(たしろ けいこ)

活動内容は、(1)がん化学療法の安全な投与の支援・システムの構築、(2)薬剤の副作用へのケアおよび患者さんへの指導、(3)がん化学療法看護に関するスタッフへの指導及びコンサルテーションで、医師や薬剤師などと連携をとりながら協働し、病院内を横断的に活動しています。
がん化学療法は身体的・精神的・社会的にも苦痛を伴うことが多く、長期間の治療を余儀なくされます。患者さんやご家族が、病状や治療・副作用などを理解し、安心して治療を受けられるように、治療選択の意思決定支援や副作用のセルフケア支援をさらに充実させていきたいと考えています。

認知症看護認定看護師

大橋 珠紀(おおはし たまき)

 広く認知症ケアや認知症看護を知ってもらうために施設内で学習会を行っています。生活の場としての認知症看護と急性期病院での認知症看護は「治療」という点で大きく異なるため、その場に合ったケアの方法や対処の相談に対応しております。地域住民の方に対して、認知症を正しく理解し、認知症になっても住みやすい地域を創っていくために認知症ミニ講座や、認知症カフェを通して啓蒙活動を行っております。

緩和ケア認定看護師

髙木 綾子(たかぎ りょうこ)

 

がんは日本の死因第1位であり、残念ながら身近な病気になってきました。そのような中で、がんによる様々な苦痛を和らげるお手伝いをするために緩和ケアという分野があります。『最期の時』を連想する方も多いかと思いますが、今はがんと診断を受け治療を選択する時からスタートします。治療に伴う意思決定、苦痛や疼痛の緩和、最期の時までその人らしく過すことなどのお手伝いができればと考えております。

緩和ケア認定看護師は、主に患者様やご家族と関わらせていただきながら、医師をはじめとする医療スタッフと連携を図り、QOLを尊重した医療の提供を心がけ、全力でサポートさせていただきます。どうぞよろしくお願いしたします。

認定看護師の活動に関する問い合わせは、北福島医療センター看護部まで(024-551-0282)