北福島医療センター
北福島医療センターTOP

平成27年度 北福島医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 59 45 84 208 260 553 887 819 200
当院を退院された患者さんの人数を、年齢階級別に示したものです。
入院した時点での年齢で集計しており、100歳以上の方は90歳以上の階級に含まれます。
10未満の人数になる年齢階級は、-(ハイフン)を表示しています。

当院では70歳から79歳の患者さんが最も多く、全体の約3割を占めており、次いで、80歳から89歳の患者さんも全体の約3割となっています。
60歳以上の患者さんの割合は全体の約8割と、年齢が高くなるにつれ入院の機会が多くなる傾向がうかがえるため、体調管理には十分にお気をつけください。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術処置等2 なし 107 21.38 14.34 9.35% 79.62
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術処置等2 4あり 定義副傷病 なし 59 37.53 17.69 1.69% 71.49
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術処置等2 2あり 56 52.71 43.59 0.00% 69.13
内科の患者さんの診断群分類の上位3位を示したものです。
診断群分類とは、医療費の定額支払い制度で使用される分類のことで、疾患と手術や処置、重症度などによって14桁のコード(DPCコード)で表されるものです。
診断群分類の名称には、一部の疾患名や手術名、処置名のみが抜粋されていることがあります。

内科では、手術・特定の処置のない15歳以上の「肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎」の患者さんが最も多く、内科全体の約11%を占めています。
次いで、手術なしで特定の化学療法を受けた「非ホジキンリンパ腫」の患者さんが多くなっています。
「非ホジキンリンパ腫」とは悪性リンパ腫の一種で、日本の悪性リンパ腫の患者さんの大部分が「非ホジキンリンパ腫」です。
内科全体の当院における平均在院日数は26日で、平均年齢は74歳となっています。(少数点以下を四捨五入しています)
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等2 6あり 定義副傷病 なし 44 3.05 4.51 0.00% 59.02
060100xx03xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的消化管止血術等 定義副傷病 なし 29 2.28 2.76 0.00% 65.90
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術処置等1 なし 手術処置等2 なし 定義副傷病 なし 21 9.81 9.17 4.76% 73.95
消化器内科の患者さんの診断群分類の上位3位を示したものです。
診断群分類とは、医療費の定額支払い制度で使用される分類のことで、疾患と手術や処置、重症度などによって14桁のコード(DPCコード)で表されるものです。
診断群分類の名称には、一部の疾患名や手術名、処置名のみが抜粋されていることがあります。

消化器内科では、手術なしで特定の化学療法を受けた「直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍」の患者さんが最も多く、消化器科全体の約6%となっています。
次いで、内視鏡的消化管止血術等(ポリープ切除術等を含みます)を受けた「小腸大腸の良性疾患」の患者さんが多くなっています。
消化器内科全体の当院における平均在院日数は12日で、平均年齢は67歳となっています。(少数点以下を四捨五入しています)
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術処置等1 なし、1,2あり 手術処置等2 なし 19 2.53 4.87 0.00% 70.32
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術処置等1 1あり 手術処置等2 なし 定義副傷病 なし 15 2.00 3.07 0.00% 69.13
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術処置等1 なし 手術処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 18.30 - -
循環器内科の患者さんの診断群分類の上位3位を示したものです。
診断群分類とは、医療費の定額支払い制度で使用される分類のことで、疾患と手術や処置、重症度などによって14桁のコード(DPCコード)で表されるものです。
診断群分類の名称には、一部の疾患名や手術名、処置名のみが抜粋されていることがあります。
10未満の人数になる診断群分類は、-(ハイフン)を表示しています。

循環器内科では、「狭心症、慢性虚血性心疾患」の患者さんが多くなっており、最も多い診断群分類と2番目に多い診断群分類は同じ「狭心症、慢性虚血性心疾患」ですが、手術や処置の違いによって別の診断群分類に分かれています。
「狭心症、慢性虚血性心疾患」の患者さんは、循環器内科全体の約56%を占めています。
循環器内科全体の当院における平均在院日数は8日で、平均年齢は74歳となっています。(少数点以下を四捨五入しています)
乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術処置等2 なし 64 9.17 6.79 0.00% 58.83
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等2 4あり 定義副傷病 なし 41 2.02 4.66 0.00% 54.80
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術処置等2 なし 23 16.39 11.63 0.00% 55.35
乳腺外科の患者さんの診断群分類の上位3位を示したものです。
診断群分類とは、医療費の定額支払い制度で使用される分類のことで、疾患と手術や処置、重症度などによって14桁のコード(DPCコード)で表されるものです。
診断群分類の名称には、一部の疾患名や手術名、処置名のみが抜粋されていることがあります。

乳腺外科では、「乳房の悪性腫瘍」の患者さんが多くなっており、上位3位の診断群分類は同じ「乳房の悪性腫瘍」ですが、手術や処置の違いによって別の診断群分類に分かれています。
「乳房の悪性腫瘍」の患者さんは、乳腺外科全体の約86%を占めており、手術を受けた「乳房の悪性腫瘍」の患者さんの当院における平均在院日数は12日、手術を受けていない「乳房の悪性腫瘍」の患者さんの当院における平均在院日数は5日です。(少数点以下を四捨五入しています)
乳腺外科全体の当院における平均在院日数は9日で、平均年齢は57歳となっています。(少数点以下を四捨五入しています)
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070343xx99x00x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術処置等2 なし 定義副傷病 なし 56 1.09 11.00 0.00% 68.34
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 26 38.35 21.52 3.85% 81.12
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 24 6.96 11.98 0.00% 37.63
整形外科の患者さんの診断群分類の上位3位を示したものです。
診断群分類とは、医療費の定額支払い制度で使用される分類のことで、疾患と手術や処置、重症度などによって14桁のコード(DPCコード)で表されるものです。
診断群分類の名称には、一部の疾患名や手術名、処置名のみが抜粋されていることがあります。

整形外科では、手術・特定の処置のない「脊柱管狭窄(脊椎症を含む。)腰部骨盤、不安定椎」の患者さんが最も多く、整形外科全体の約15%を占めています。
次いで、手術のない「胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)」の患者さんが多くなっています。
整形外科全体の当院における平均在院日数は13日で、平均年齢は61歳となっています。(少数点以下を四捨五入しています)
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020250xx97xxxx 結膜の障害 手術あり 28 2.00 3.20 0.00% 77.64
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術処置等2 なし 25 2.00 3.54 0.00% 67.36
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり 16 2.19 3.43 0.00% 47.75
眼科の患者さんの診断群分類の上位3位を示したものです。
診断群分類とは、医療費の定額支払い制度で使用される分類のことで、疾患と手術や処置、重症度などによって14桁のコード(DPCコード)で表されるものです。
診断群分類の名称には、一部の疾患名や手術名、処置名のみが抜粋されていることがあります。

眼科では、手術を受けた「結膜の障害」の患者さんが最も多く、当院では「結膜の障害」の患者さんはすべて手術を受けています。
次いで、手術ありで特定の処置のない「眼瞼下垂」の患者さんが多くなっています。

※ 眼科では、白内障の手術を受けるために短期入院される患者さんが非常に多いのですが、その場合は診断群分類を付与しないため、この集計には含まれていません。
放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx9902xx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等1 なし 手術処置等2 2あり - - 30.83 - -
- - - - - - -
- - - - - - -
放射線科の患者さんの診断群分類の上位3位を示したものです。
診断群分類とは、医療費の定額支払い制度で使用される分類のことで、疾患と手術や処置、重症度などによって14桁のコード(DPCコード)で表されるものです。
診断群分類の名称には、一部の疾患名や手術名、処置名のみが抜粋されていることがあります。
10未満の人数になる診断群分類は、-(ハイフン)を表示しています。

放射線科の診断群分類は、手術なしで放射線療法を受けた「前立腺の悪性腫瘍」の患者さんのみとなっています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術処置等1 なし 手術処置等2 3あり 定義副傷病 なし - - 18.08 - -
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術処置等2 なし - - 14.34 - -
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 21.69 - -
神経内科の患者さんの診断群分類の上位3位を示したものです。
診断群分類とは、医療費の定額支払い制度で使用される分類のことで、疾患と手術や処置、重症度などによって14桁のコード(DPCコード)で表されるものです。
診断群分類の名称には、一部の疾患名や手術名、処置名のみが抜粋されていることがあります。
10未満の人数になる診断群分類は、-(ハイフン)を表示しています。

神経内科では「脳梗塞」、「肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎」、「誤嚥性肺炎」の患者さんが多くなっていますが、いずれの診断群分類でも10人未満となっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - 10 - 14 11 1 7
大腸癌 - 11 41 17 25 39 1 7
乳癌 58 59 22 - - 24 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院を退院された患者さんのうち、5大癌(胃癌・大腸癌・乳癌・肺癌・肝癌)の患者さんの人数を示したものです。
初発と再発を分け、初発の場合のステージはUICC TNM分類に基づいて集計しています。
初発とは、当院において腫瘍の診断、または初回治療を実施した場合を指します。
再発とは、施設を問わず初回治療が完了した後、当院にて診療した場合や、局所再発・再燃または遠隔転移をきたした場合を指します。
UICC TNM分類とは、がんの進行度を判定する基準として国際的に活用されている分類方法で、がんの大きさ、広がり、深さをT、がんの所属リンパ節転移の状況をN、他の臓器への遠隔転移状況をMとして区分し、それらを総合して病期(ステージ)を判定するものです。
病期(ステージ)が特定できない等の場合は不明とし、10未満の人数になる項目は、-(ハイフン)を表示しています。

当院では、大腸癌と乳癌の患者さんが多く、5大癌全体のうち、大腸癌の患者さんは約37%、乳癌の患者さんは約47%を占めています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 15 13.00 56.93
重症度 1 30 24.30 83.13
重症度 2 26 22.73 85.58
重症度 3 12 32.08 87.83
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
当院を退院された患者さんのうち、成人で市中肺炎の患者さんの人数を重症度別に示したものです。
成人とは20歳以上を指し、市中肺炎とは病院外で日常生活をしていた人が発症した一般的な肺炎を指します。
また、入院契機傷病名および最も医療資源を投入した傷病名のICD10コード(国際的な疾病等の分類コード)がJ13~J18(肺炎レンサ球菌等による細菌性肺炎、その他肺炎等)の患者さんを対象として集計しており、インフルエンザウイルス等のウイルスによる肺炎や誤嚥性の肺炎等は対象外となります。
重症度は市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROPシステム)により分類しています。
当院では、重症度4以上および重症度不明の患者さんの数は10未満の人数であったため、-(ハイフン)を表示しています。

すべての重症度の患者さんを合計した平均在院日数は23日、平均年齢は約80歳となっており、重症度が高いほど平均年齢も高い傾向にあります。(少数点以下を四捨五入しています)
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 38 44.87 78.58 13.16%
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
当院を退院された患者さんのうち、最も医療資源を投入した傷病名が脳梗塞の分類にあたる患者さんの人数をICD10コード別に示したものです。
ICD10コードとは、国際的な疾病等の分類コードを指します。
当院では、「I63$:脳梗塞」以外の患者さんの数は10未満の人数であったため、-(ハイフン)を表示しています。
「I63$:脳梗塞」においても、発症日からの日数が「その他(3日以内以外)」である患者さんの数は10未満の人数であったため、-(ハイフン)を表示しています。

集計対象の患者さんのうち、発症日から3日目以内の急性期脳梗塞の患者さんは全体の約75%を占めています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 109 0.03 1.02 0.00% 65.33
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 46 1.11 3.04 0.00% 65.46
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径2センチメートル未満) 24 0.00 1.00 0.00% 66.13
消化器外科の患者さんが受けられた主要手術の上位3位を示したものです。
術前日数は入院してから手術日までの日数(手術当日を含みません)、術後日数は手術日から退院までの日数(手術当日を含みません)としています。

長径2センチメートル未満の「内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術」が最も多く、消化器外科での主要手術の約29%を占めており、この手術を受けられた患者さんのほとんどは入院当日に手術を受けられ、その翌日に退院されています。
次いで、鼠径ヘルニアの「ヘルニア手術」が多く、70歳未満の患者さんのほとんどは入院当日に手術を受けられますが、70歳以上の患者さんでは手術の前に数日入院される方もいます。
3番目に多い、長径2センチメートル未満の「内視鏡的大腸ポリープ切除術」を受けられた患者さんはすべて、当日に手術を受けられ、翌日に退院されています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 22 1.05 1.73 0.00% 71.68
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの) - - - - -
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他のもの) - - - - -
循環器内科の患者さんが受けられた主要手術の上位3位を示したものです。
術前日数は入院してから手術日までの日数(手術当日を含みません)、術後日数は手術日から退院までの日数(手術当日を含みません)としています。
10未満の人数になる手術は、-(ハイフン)を表示しています。

急性心筋梗塞や不安定狭心症に対するもの以外の「経皮的冠動脈ステント留置術」が最も多く、循環器内科での主要手術の約81%を占めています。
次いで、急性心筋梗塞に対する「経皮的冠動脈ステント留置術」が多くなっていますが、10件未満となっています。
3番目に多い手術として、上記の急性心筋梗塞や不安定狭心症に対するもの以外の「経皮的冠動脈形成術」の他に、心房中隔穿刺または心外膜アプローチを伴うもの以外の「経皮的カテーテル心筋焼灼術」と経静脈電極の場合の「ペースメーカー移植術」があります。
乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 66 2.00 6.17 0.00% 58.47
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 14 1.79 11.29 0.00% 55.57
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの) 13 2.23 12.31 0.00% 54.23
乳腺外科の患者さんが受けられた主要手術の上位3位を示したものです。
術前日数は入院してから手術日までの日数(手術当日を含みません)、術後日数は手術日から退院までの日数(手術当日を含みません)としています。

乳腺外科での手術は上位3位すべてが「乳腺悪性腫瘍手術」となっており、上位3位以外のものも含めた「乳腺悪性腫瘍手術」の割合は、外科での手術の87%を占めています。
「乳腺悪性腫瘍手術」の他には、「乳腺腫瘍摘出術」や「乳管腺葉区域切除術」などがあります。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術(十字靱帯) 12 1.00 8.92 0.00% 24.75
K068-2 関節鏡下半月板切除術 10 1.00 1.00 0.00% 50.90
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) - - - - -
整形外科の患者さんが受けられた主要手術の上位3位を示したものです。
術前日数は入院してから手術日までの日数(手術当日を含みません)、術後日数は手術日から退院までの日数(手術当日を含みません)としています。
10未満の人数になる手術は、-(ハイフン)を表示しています。

十字靱帯の「関節鏡下靱帯断裂形成手術」が最も多く、非常に若い患者さんが多いのが特徴です。
2番目に多い「関節鏡下半月板切除術」は、10歳代から70歳代まで幅広い年齢の患者さんがおられます。
3番目に多いのは肩甲骨、上腕、大腿の「骨折観血的手術」ですが、他の部位も含めた「骨折観血的手術」を受けられた患者さんの平均術前日数は3日、平均術後日数は27日、平均年齢は52歳となっており、高齢の患者さんほど術後日数が長い方が多くなる傾向にあります。(少数点以下を四捨五入しています)
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 568 0.01 0.98 0.00% 77.20
K224 翼状片手術(弁の移植を要するもの) 24 0.00 1.04 0.00% 77.71
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 18 0.00 1.00 0.00% 64.94
眼科の患者さんが受けられた主要手術の上位3位を示したものです。
術前日数は入院してから手術日までの日数(手術当日を含みません)、術後日数は手術日から退院までの日数(手術当日を含みません)としています。

白内障の手術である「水晶体再建術」が最も多く、眼科での主要手術の約87%を占めており、この手術を受けられたほとんどの患者さんが入院当日に手術を受けられ、その翌日に退院されています。
次いで、弁の移植を要する「翼状片手術」が多くなっています。
3番目に多いのは眼瞼挙筋前転法による「眼瞼下垂症手術」ですが、その他の術式も含めると「眼瞼下垂症手術」は25件あり、この手術を受けられたすべての患者さんが入院当日に手術を受けられ、その翌日に退院されています。
神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
神経内科の患者さんが受けられた主要手術の上位3位を示したものです。
10未満の人数になる手術は、-(ハイフン)を表示しています。

神経内科での手術は、「胃瘻造設術」のみとなっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる 10 0.32%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
臨床上ゼロにはなり得ないものの医療の質の改善を目的として、最も医療資源を投入した傷病名が播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌症、手術・処置等の合併症である症例について、入院契機傷病名との同一性の有無を区別して症例数と発生率を示したものです。
入院契機傷病名と「同一」とは、その症状が原因で入院したことを指し、「異なる」とは、他の症状が原因で入院したが、その症状の治療が主となった場合を指します。
なお、「180040:手術・処置等の合併症」は、国際的な疾病等の分類(ICD10分類)を用いた分類表現であり、主病名の治療よりも入院中に他の合併症の医療資源が優先された分類を指します。
更新履歴
2016/9/30
平成27年度の病院指標を公開しました。