先輩たちの声

各看護病棟で活躍している先輩たちの声

あゆみ病棟 ~佐藤 綾夏~

 あゆみ病棟は、回復期病棟です。状態が安定し、退院へ向けリハビリテーションの継続を希望される患者様がいらっしゃいます。治療というよりも患者様の日常生活の援助がメインとなります。入職当初、私は必要以上の援助をしてしまいがちでした。しかし、退院を見据え、できることはご自分でやっていただくことも大切なリハビリテーションの一環です。この患者様は何がどこまでできるのか、環境はこれでいいのかを常にアセスメントしながら関わることが大切だと先輩看護師から学びました。
 また、家族と話し合いを重ねながら、退院調整も行なっています。日々の他職種との情報共有がスムーズな退院調整へ繋がります。
 先輩看護師からご指導をいただき、患者様に励まされながら目標に向かい一歩一歩前進しています。他職種も多い活気にあふれたあゆみ病棟で、一緒に看護師としてのあゆみを始めませんか。

なごみ病棟 ~髙橋 彩子~

なごみ病棟では、化学療法や手術を受ける患者様、終末期患者様の看護を行っています。がん患者様の入院がお多いため、患者様のトータルペインを考えて患者様と関わっていかなければなりません。患者様、ご家族の思いに対し、自分にできることは何か、どのように関わったらよいか悩むことがたくさんありました。悩んだときに先輩は的確なアドバイスをしてくださりました。また、先輩と患者様との関わり方を見てたくさん学ぶことができました。わからないことばかりで不安な日々でしたが、先輩の優しく時には厳しい指導を受け少しずつできることも増えてきました。これからも患者様が安全・安楽に生活できるよう、知識と技術の向上に努め、笑顔をわすれずに患者様と関わっていきたいと思います。

あすなろ病棟(急性期病棟)~山本 羽音~

あすなろ病棟は急性期の整形外科や内科などの混合病棟です。手術前後の患者様や、糖尿病などで教育入院される患者様など、様々な疾患を抱えた患者様が入院されます。私は整形外科担当となり、OPE前後の観察やケアなどを行っています。OPE後、患者様のできることが増えるなど、よくなっていく変化を多く見ることができることはやりがいや楽しさになっています。配属後は分からないことばかりで不安や緊張が大きかったですが、プリセプターさんを始め、多くの医療スタッフ、患者様に支えていただき、たくさんのことを学ぶことが出来ています。これからも”あすなろ(翌檜)”病棟の名前に込められている患者様に、日々よくなっていただきたいという願いと思いながら、日々成長し、よい医療・よい看護を提供できるよう、努力することを忘れずに頑張っていきたいです。

ひかり病棟 ~平形 麻里子~

ひかり病棟では、白血病・悪性リンパ腫・骨髄腫などの患者様が、化学療法や骨髄移植、輸血療法などを目的で入院されています。「血液内科」に配属が決まり、血液疾患看護に対して不安と緊張でいっぱいでした。化学療法の種類や作用・副作用など新たに勉強することが多く、まだまだ知識不足と未熟さを痛感することが多いです。悩んだときに、一から丁寧に指導してくださるプリセプターを始め先輩看護師の皆さん、不安や悩みを同じように抱く同期がいてくれたことで、辛いことも乗り越え、楽しく働くことが出来ています。患者様は、入院や治療で不安や苦痛を伴うことが多いため、すこしでも不安や苦痛が和らげるように患者様に寄り添い、個別性のある看護に努めています。また、さまざまな職種の医療スタッフ・患者様に支えられ、忙しい日々の中にも充実した毎日を過ごしています。とてもやりがいがあり、笑顔がいっぱいのひかり病棟で一緒に働きましょう。

在職看護師の出身校(50音順)

大学

  • 青森県立保健大学看護学科
  • 上武大学看護学部看護学科
  • 福島県立医科大学看護学部
  • 宮城大学看護学部

専門学校

  • 磐城共立高等看護学院
  • 太田綜合病院付属看護専門学校
  • 大原看護専門学校
  • 公立岩瀬病院付属高等看護学院
  • 勤医会東葛看護専門学校
  • 国立埼玉病院附属看護学校
  • 篠田看護専門学校
  • 仁愛看護専門学校
  • すみだ医師会立看護専門学校
  • 仙台市立看護専門学校
  • 相馬看護専門学校
  • 竹田看護専門学校
  • 東北労災看護専門学校
  • 深谷大里看護専門学校
  • 福島看護専門学校
  • 福島県立会津若松看護専門学院
  • 福島県立総合衛生学院
  • ポラリス保険看護学院
  • 山形厚生看護学校

高等学校

  • 仁愛高等学校
  • 福島東稜高等学校看護科