認定看護師の活動

 

当院では、専門看護師・認定看護師が医療・看護の質の向上のために専門的知識・技術を駆使し、活動しています。

認定看護師とは?

 特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を有して、水準の高い看護実践を行える看護師のことを言います。認定看護師は、実践・指導・相談の3つの役割を果たすことにより、看護現場におけるケアの広がりと質の向上に貢献します。

感染管理認定看護師

渡辺あけみ(わたなべ あけみ)

 感染対策の対象者は、患者様、面会者、医療従事者、そして、地域の住民の方々すべてとなります。ウィルスや細菌などが流行や二次感染しないように予防や対策などを院内や地域に知識を広める事をしております。

皮膚・排泄ケア認定看護師

大内 佳美(おおうち よしみ)

 皮膚・排泄ケア認定看護師として、大きく3つの分野にわかれていてW(創傷)・O(オストミー)・C(コンチネンス)にわかれています。
 当院を退院された患者様のケアが継続できるようにご家族様を含めて一緒に生活状況に合わせたケアを提供できるよう現在、傷や褥瘡を対象とした看護外来を検討しております。
 地域の施設(老健・老人ホーム)様を対象に、褥瘡(マットレスの選択・スキンケア・おむつ選択)に関する出前講座を行っております。

感染管理認定看護師

飯沼 範子(いいぬま のりこ

感染管理認定看護師の役割は、患者様、患者様のご家族、またお見舞いに来られた方や現場で働くすべての人、地域の皆様を感染から守ることです。
院内で働く職員の誰もが、現場で感染対策の基本を正しく実施できるように、感染対策チーム(ICT)と協力をして活動をしています。職員一人ひとりが感染対策に少しでも興味を持つことができるような動機づけのきっかけを作っていきたいと考えています。そして、多職種の方々と協力しながら、組織全体で感染対策に取り組み、患者様が安心して治療に専念できる安全な環境を提供することに繋げていきたいと思います。地域の方々と連携をしながら、地域全体で感染防止対策が図れるように貢献をしていきたいです。

がん化学療法看護認定看護師

田代 佳子(たしろ けいこ)

がん化学療法を受ける患者さんとご家族に起こりうる問題を客観的に評価(アセスメント)し、患者さんの生活や価値観を尊重した自立(セルフケア)支援を行っています。医師、薬剤師等とそれぞれの専門性を生かした連携をとりながら協働し、患者さんを中心としたチーム医療を推進しています。地域住民の方を対象に、がん治療に関する教育・普及活動を図るため、「がんについて」「抗がん剤の副作用について」などの一般講座も受けております。

認知症看護認定看護師

大橋 珠紀(おおはし たまき)

 広く認知症ケアや認知症看護を知ってもらうために施設内で学習会を行っています。生活の場としての認知症看護と急性期病院での認知症看護は「治療」という点で大きく異なるため、その場に合ったケアの方法や対処の相談に対応しております。地域住民の方に対して、認知症を正しく理解し、認知症になっても住みやすい地域を創っていくために認知症ミニ講座や、認知症カフェを通して啓蒙活動を行っております。

認定看護師の活動に関する問い合わせは、北福島医療センター看護部まで(024-551-0282)