朝起きると、体が硬い

 朝起きてすぐは、体が完全に目覚めていないので、普段よりも関節の動きの幅がよくない のも仕方のないことだと思われます。徐々に体が目覚めて、普段どおりの生活ができれば、 心配はないでしょう。

 皆さんは、運動は定期的にされていらっしゃるでしょうか?現代社会は、文明の発達に伴い、人間の運動量は減少していると言わざるを得ません。例えば、どこかに出かけるにしても、ずっと大昔は歩くのが当たり前でしたが、現在ではさまざまな交通機関が発達し、あっという間に目的地に着いてしまいます。家に中の生活にしても、いろいろな電化製品の発達で人間がしなければいけないことは、ますます減少しているのが現状です。

 人間の諸機能は、使うことで正常な働きを維持しています。適切な運動は心臓・肺・骨格筋はもとより、神経・血液・ホルモン・酵素など身体のあらゆる組織器官に刺激を与え、活性化し、これらの機能を保っています。運動不足により、万一病気にならなかったとしても体力(スタミナ)の低下をきたし、ついには老化を早め、寿命を短くすることも考えられます。したがって、しなやかな体・健康な体を保つためには、適度な運動を定期的に行うことが大切なのです。

 適度な運動とは、決して激しい運動をする必要はありません。日常生活でほんの少し努力をしていただくことから始めていただけばよいのです。たとえば、買い物に行く時、いつも車で行くところを徒歩や自転車に変えてみるとか、通勤を自転車にしてみるとか、そういうことからはじめていただければ十分だと思います。少しずつ、体を動かすことを習慣 にしていただくことで、しなやかな体を取り戻す第一歩になると考えます。

詳細は、保原中央クリニック整形外科へご相談下さい