3T-MRIの稼働開始について


3T-MRIが2006年12月より稼働を開始いたします。

北福島医療センターにはMRI装置が2台(各々1.5T)設置され稼動中です。この度、臨床用としては最先端の3.0T(3テスラー)搭載の機種が導入され、2006年12月1日より稼動します。これで、MRI装置は計3台となり、より一層お待たせすることなく、検査をお受けできると存じます。

高磁場3T-MRIの特徴
3.0テスラーのMRIでは、従来の1.5テスラーに比べて数値上撮影速度が1.4倍早くなります。あるいは、同じ時間当たりの鮮明度が30%向上するといわれています。
*新たに、組織成分の解析ができるようになり、確定診断に貢献します。
*脳神経線維や神経根・脈絡叢などの描出能が格段に向上し、検査適応の拡大に繋がります。
*薬剤投与のない心臓検査が高精細に短時間で可能です。
*MRガイド下収束超音波手術(FUS)に対応します。